「くむ組む」
文字を、くむ組む。
レイアウトを、くむ組む。
見ているあなたと新たな知識を、くむ組む。
見ているあなたと新たな誰かを、くむ組む。

くむ組んだ冊子で、
新たな何かをくむ組むことができたら、嬉しいです。

vol.8『左右本〜なぜそれが右でそれが左なのか〜』
vol.7『国立国会図書館本2〜納本制度の歴史と現在〜』
vol.6『葉書本〜はがきサイズの謎と郵便事業の近代化〜』
vol.5『くまぬいぐるみ本〜移行対象としてのぬいぐるみ〜』
vol.4『分類コード本〜その順序が気になる〜』
vol.3『盗電本〜電気窃盗の歴史からみる無体物窃盗〜』
vol.2『確率一直線本〜リスクを一直線上に並べてみた〜』
vol.1『国立国会図書館本〜サブカルからみる納本制度〜』

委託先→COMIC ZIN(新宿)、タコシェ(中野)、シカク(大阪)等
どちらもたくさんのミニコミ誌を扱っている書店ですので、
見つからない際には、書店の方にお声掛けください。

2012年08月17日

C82お疲れさまでした!

こんばんは。C82お疲れさまでしたー。
また暑い中、サークルスペースにお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました!

開会から14時頃までスペースに立っていましたが、結構サークルを推してくれる方が多くて、それがとても嬉しく、励みになりました。

今回の本は、言われて気づいたのですが、確率本と言うよりは、統計本だったような…。
また、紙面の限界はあるもので、なかなか一直線にすることは難しい。というわけで、どこかしらで何か別の形で取り組むことができればと思っています。

委託と電子書籍については、一定期間を置いた後に、開始する予定です。
決まりましたら、改めてご連絡します。

また、vol.3はこれまた、違う評論分野(法律になるのかな…)で申込みする予定です。文章も多めの予定(といいますか、vol.2は、文章が少なくて、逆につらかったです)。
ではでは!

kumkum_1_2012-08-17_22-47-44.jpg
(今回サークルスペースの写真撮るのを忘れた…)

posted by クム at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | vol.2 確率一直線本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする